FC2ブログ
私は自分が無知だという事実以外は何も知らない。

仙茅(せんぼう)酒。

仙茅(せんぼう)酒。

仙茅(せんぼう)


開宝本草ではじめて収載された。その葉は茅に似て久しく服すれば身を軽くする。
それで仙茅の名が付けられた。葉がササに似、花が黄色くて金梅を思わせるため金梅笹という名がある。
バラモンの僧が玄宗皇帝に仙茅を献上したところから婆羅門参の名がある。
「基源」
ヒガンバナ科のキンバイザサの根茎を乾燥したもの。
「産地」
中国(四川、広西、雲南省)。
「薬性」
辛甘、温。
「効果」
仙茅は陽道を助け、命門を盛んにし、筋骨を緩め、腰脚をする薬でその効果は淫羊かくと似ている。
「用途」
強壮を目的にインポテンツを目標に使われてきた。
温腎壮陽、祛寒除湿
インポテンツ、精液の冷え、尿失禁、腹部の冷痛、腰や膝の冷痛などに用いる。
辛熱の薬性が強い。
多くは淫羊藿とともに使用する。
また単味で酒に浸けて服用することもできる。

仙茅(せんぼう)酒01

なんでも毒草なんだそうで、くれぐれも服用しすぎないこと、と書かれています。

こわっ!



仙茅(せんぼう) 500g

氷砂糖 1kg

酒 3升。

約1ヶ月後、出来上がり。








0.733





関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/09/04 14:06 ] 果実酒・薬用酒 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

 むく

  • Author: むく
  • 好奇心だけは人一倍ありますが、
    いつも失敗ばかり。
    年齢はオヤジ、心は子供!(笑)
    私のHPです。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム