FC2ブログ
私は自分が無知だという事実以外は何も知らない。

地黄(じおう)酒。

また薬酒です。


【生薬名】
地黄(ジオウ)

【基 原】
中国原産で、栽培される多年草。ゴマノハグサ科の多年草ジオウの根。
新鮮な地黄を炙って乾かし、外皮が硬くなり、全茎が軟らかくなったものを 「乾地黄」または「生地黄」という。
<1>熟地黄は滋腎・補血・強精・益髄に、
<2>生乾は精・血の補強に効く。丸薬、酒に浸したものいずれも良い。

【性 味】
味は甘・苦、性は寒。

【薬理作用】
清熱涼血・生津止血作用、強心・利尿作用、血糖降下作用
血流増加、血圧降下、免疫調節、変異原清抑制、抗腫瘍、性ホルモン

【臨床応用】
熱性疾患に用いる。舌質深紅・口乾・便秘・睡眠不安などの脱水症状があるときには、玄参・麦門冬などを配合して、たとえば増液湯を用いる。増液とは、実際に体液を増加するのではなく、清熱することによって水分の消耗を減らすにすぎない。このことを、熱源を除去することによって水分の蒸発が自然に減少するという意味で、釜底抽薪とたとえている。
血熱による出血に用いる。陽虚・気虚による出血、あるいは出血によって陽虚・気虚を生じたときには、生地黄を使用してはならない。
陰虚内熱に用いる。滋陰清熱の方剤には生地黄を欠かしてはならない。陰虚火旺による大便硬・習慣性便秘には、生地黄60gを煎じて服用するか、豚肉60~120gと煮たスープを服用する。
蕁麻疹・湿疹などの血熱による皮膚疾患に用いてもよい。

地黄(じおう)酒1

地黄(じおう)酒2

地黄(じおう) 1kg

砂糖 1kg

酒 3升半

20日間で出来上がるそうです。





0.771
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/09/02 19:04 ] 果実酒・薬用酒 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

 むく

  • Author: むく
  • 好奇心だけは人一倍ありますが、
    いつも失敗ばかり。
    年齢はオヤジ、心は子供!(笑)
    私のHPです。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム