FC2ブログ
私は自分が無知だという事実以外は何も知らない。

無理。

友人のM君から、パソコンの調子が悪くなり内蔵用DVD-RWを替えたいからパーツ屋まで付き合ってくれ、という電話がありました。

2台付いているのだが、1台が書き込みできなくなり、そちらの方を取り替えたいと言う。

現物のパソコンをろくに見ないでパーツ屋へ出かけた。

ところが、DVDだけではなくブルーレイも見たい、となってしまい内蔵用のブルーレイドライブも買ってしまった。

しかも書き込みできる高い奴をチョイス。

帰ってきて、パソコンの側板を外して気がついた。

これ最後に買ったパソコンじゃない・・・。

2万円くらいで買ったとか言っていた古い奴だ。

その後にSATAドライブ付きのパソコンを1台買ったはず。

どうしてそんなことを知っているかというと、何らかの形で全て私が関わっているのです。

つまり内蔵用のパーツ取り付けなどは全て私がやっているから。

私はてっきり一番最後に買ったパソコンだとばかり思っていた。

「あれっ?あのSATAドライブのパソコンとはちがうの?」

「うん、あれは娘にやった」

DVDやブルーレイドライブを内蔵しようとするこのパソコンはIDE時代の物。

しかもメーカー製でセレロン使用、メインメモリは760MBと表示されている。

グラフィックボードのバスも無し。

もちろんSATAも使えません。

これではブルーレイは無理だろう。

これでブルーレイを見るには、PCIバス用のSATAボードを入れて、SATAケーブルをつなぎ、電源も変換コネクタを使用、メモリも最低1G以上はないとダメ。

電源も容量が少ないし、

今、売っている安いパソコンを買った方がむしろ安く付く。

そう言ったら納得してくれました。

ゴメンね、なんとかなると思っていたのにならなかった。

「わずか5、6年くらいで随分変わるものだね~」と感心していたが、パソコンの世界で5年は一昔どころではない。

USBも3.0のボードが搭載され始めているし、私のパソコンもかなり古くなってきました。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/05/15 18:33 ] パソコン | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

 むく

  • Author: むく
  • 好奇心だけは人一倍ありますが、
    いつも失敗ばかり。
    年齢はオヤジ、心は子供!(笑)
    私のHPです。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム