FC2ブログ
私は自分が無知だという事実以外は何も知らない。

ホントの実力?

酒の世界では一年に一度「新酒鑑評会」なる催し物をやります。
これは全国の蔵元が作った新酒を「旨い、旨くない」と
優劣を付ける大会ですな。

酒の世界で権威のある(かもしれない)人たちが
利き酒をして決めるわけですが旨いとなれば「金賞」をもらい、
その蔵は堂々と○○年度金賞受賞!とうたっていいわけです。

全国規模ですから結構な蔵数になるわけです。
もちろん、うちでも「金賞受賞酒」といったものは扱っています。
でも値段が高い!
なぜか・・・。

その蔵の金看板にもなるわけですから、金に糸目は付けません。
最高の米を使い、最高の設備と気を遣って造ります。
だから採算度外視です。
だって賞を取るだけのためにタンク1本だけの酒をつくるのですから。
「うちはこれだけの旨い酒を造るだけの技術力がある」とでもいいたげに
ドン!と、お金をかけます。

酒は嗜好品ですから、旨い、まずいは消費者が決めること。
酒蔵や審査員なんかに勝手に決められるものでしょうか。
最近はそれでも審査の方法が若干変りましたがそれまでは
俗に言う「有識者」とでも呼ばれる方達ばかりの審査。
それでも皆さんが「旨い」となれば、消費者も側も旨いと言う方が多いというのはわかります。
でもこんな方法で優劣を付けられたくないという蔵元もいて、
最初からエントリーしない蔵もある。

昔、車が好きで雑誌をよく見ていましたが、
カー・オブ・ザ・イヤーと言うのをやっていました。
同じように1年の間に発売された車のなかから一番優れている車を決めるわけです。
ところが其れが過熱して、審査員に対する接待攻勢がすごかったらしい。
それからぐちゃぐちゃになり、審査委員がとうとう分裂しました。
笑いものですね、自動車評論家達も。

まあ、車ならまったく同じものを買える訳ですから、
造るメーカー側としては審査の為だけに特別仕様車ばかりの車を販売・・・
という訳にはいかない。

だが、酒の場合は「審査のための特別仕様」で出すわけで
コレで良いのか?と思ってしまう。
「お祭りだから」と言われれば「そうか」で終わるかもしれないが
なんか釈然としない。

どうだろう、各蔵で一番石数の出ている銘柄のみで審査しては。殆どが普通酒だろう。
これなら一番良く飲まれて居るわけだし、その蔵の考え方もわかる。

特別仕様の「整形美人」ばかり集めたミスコンテストなんか見たくないぞ。




スポンサーサイト



[ 2005/06/30 14:36 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

うまくいかないものです。

久しぶりの雨が降りました。
注意報が出ておりましたので相当ふるかなと思っていたら
むしろ少ない方でした。
もっと降っても良かったくらいです。

ところが山脈一つ隔てた新潟県は豪雨。
特に柏崎市は集中的に降った様子で床下、床上浸水が出て
非難した人も多かったようでした。
柏崎には知人が多くおりますし、テレビのニュースなどでその名前が出ると気になるのですが
去年の夏の豪雨、秋の大地震と災害が多く発生し、心配事が続きました。
幸い知人達には被害が無かったようですが、この暑い時期に
洪水になると後始末でよけいに大変かと思います。

暑さが続き、雨が降らずに困っている地区もあり、自然が相手とはいえ
うまくいかないものです。
[ 2005/06/29 11:11 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ルーツ

だいぶ昔に「ルーツ」という映画があり、作家アレックス・ヘイリーが
自分の母親の家系(ルーツ)をたどった長編小説のTVドラマ化で、
アフリカの大地から奴隷としてアメリカに連れて来られた黒人少年クンタ・キンテの
成長とその半生を描く、というものでした。

この前、親父と「自分たちの祖先は・・・。」という話になり、
前に親父が調べたところでは私の祖父は白河藩の勘定方をしていた
武士の子孫であると言うことでした。
姓は「深谷」。
なんでも白河には結構ある名字らしく、子供の頃
石川地方のある酒蔵へ養子に出されたそうです。
そこの名字が「佐川」でそれからこの姓を名乗るようになったとか。
残念ながらその蔵元は無くなってしまい、
色々あって須賀川市に来たことまでは分かりましたが
とても大きな蔵元だったと祖父に聞かされていたそうです。

石川出身だとか(石川に親戚が多いそうです、会ったこと無いけど)、
石川地方には佐川姓がたくさんあると言うことだけは知っておりましたが
どのような経緯で須賀川に来たのかも聞きまして、改めて自分のルーツを知ったわけです。

白河藩といえば新撰組の「沖田総司」が白河藩江戸屋敷で生まれたことは有名ですが、ひょっとしたら私のご先祖は何かの機会に「沖田総司」と顔を合わせていたかもしれません。
[ 2005/06/28 16:12 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

自己満足

HDDを追加しました。
これで120G,160G、250G×2台で合計780G。
オーサリングをやっているうちに足りなくなり増やしていったわけですが
心配は電源と熱対策。

電源は550Wに替えてあるので計算上はまだ大丈夫のはず。
熱はHDDを4台くっついた状態でぶらさがりなので心配なのだが
3.5インチのフロントカバーを取っ払いそこからエアーを送り込む事にした。
リアファンは結構強く吸い出しているようで、手をかざすと暖かい。
連日の暑い中、朝から夜まで稼働させているが今のところ不具合は出ていない。
フリーズでもするかなと思っていたが大丈夫なようである。

CPUは2.6ギガ、メモリーは512MでDVD-RWを2連装しているので
これ以上はシステムのバージョンアップは無理だろう。
CPUも現在かなりクロックアップされていて居るし、食指は動くのだが
それにはマザーを替えないと無理。

このシステム、ミドルタワーである。
[ 2005/06/26 16:15 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

次は何?

焼酎がかなりのブームになり(特に芋焼酎)一部の商品は
プレミア価格まで付いて売られるようになりました。
昔から飲んでいた方には大変迷惑な話でしたが
しかしこのところそのブームも下火になり
コアなファンのみが少し付いたと言うところでしょうか。

これにはやはり仕掛け人がおります。
一部の蔵元と酒屋、マスコミが流行を造り上げています。
まあ何の業界でも似たようなものでブームの時には
「にわかファン」が大勢出来ますがこれはしょうがないところ。
需要と供給のバランスが崩れれば正規でない商品ルートが出来上がり
やがて数倍もの価格が付いて取引されます。

日本人はその性格から100%中流階級というように
人と同じくないといけないようです。
女性がヨーロッパ製のバッグを持てば皆同じようにブランド嗜好に走ります。
まあ、ブランドもののバッグに時計をして財布の中身は小銭だけという人を何人も見ていますが(^^)。

そこへ行くと外国の方は個性を大事にするというか
人が、みなこうだから私は違ったところでアイデンティティーを
発揮しようという方向に行くようです。

今、焼酎のあとに何をはやらせるかいろいろ画策しているようです。
一部では「梅酒」なんてことを言い出し、さっそくいろんな酒蔵から出てきました。
これは次のブームになるか、といえば私個人ではならないのではないでしょうか。
というのは「梅酒」は個人で「果実酒」として漬け込む場合が多く
「手前みそ」ならぬ「手前梅酒」でブームが来たら何にもならないから。
(葡萄酒は作っちゃダメですよ)

日本酒業界はもう一度日本酒のブームを・・と狙っていますが
若い人たちをターゲットにしない限り、ブームにはなりえませんね。

そういえば昔は各日本酒メーカーからは「酒粕」を多量にもらい
お客様に配っておりましたが、最近はあまり持ってきません。
実は粕取焼酎にするために使っているのですね。

福島県内にもどことは言いませんがマスコミとつるんで
「ちょっとだけ有名」になった蔵元があります。
その蔵の経緯は知っているのですが、少し名前が売れてきたら
テレビにジャンジャン出て「うちの酒は、ああだこうだ」と
言い放ちます。
「昔から品質には・・・」と言いながら
「それまで多くの方に支持されなかったのはどういうことだ?」と
思わずツッコミを入れたくなるような事を言います。
それでも名前がマスコミで先行すれば一躍、時の人となりますので
宣伝費に換算するとすごい金額です。
恥ずかしいからやめろよとは言えませんけどね。

ひとの事より自分の業界はどうなんだ!と言われそうですが
やはりその片棒を担いで居るのは確かです。
やれプレミア価格だ、やれ抱き合わせ商売だ・・と言われても
仕方がないような酒屋・・たくさんあります。
いくらきれい事を言おうが、売れた方が勝ちですからね。
オマエのところはどうだ?と言われれば・・あまり売れていないです(笑)
なにせプレミア付くほどの商材持っていませんから(笑)
ただネットでの遠方のお客様の注文が来ておりますので
こういうお客様を大事にしていきたいですね。

子曰、富而可求也、雖執鞭之士、吾亦為之、如不可求、従吾所好

酒屋に対する苦情でも何でも聞きますよ。
でもあまり怒らないでね(^^;)。

[ 2005/06/25 17:59 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

Googleから消えた!

1週間ほど前から検索エンジンのGoogleから私のHPが消えた。
いつも、あるキーワードでその順位を見ていたのだが
大体20~30位をふらふらとしながらもキープしていたが
全く見つからなくなった。(最高7位まで行った)

何があった?
いろいろと調べてみるとアドレス自体は消されていないようだが
分からない。
(別に法に触れるとかのHPじゃ無いはずだが)

まあしばらくYAHOOに期待という感じで見ていたが
今日アクセス解析を見ていたらGoogleからの訪問者が増えてきていることに気が付いた。
さっそくキーワードを打ち込んでみると、ちゃんと元の順番あたりに載っている。
復活である。が、なんで1週間消えていたのか分からない。
なにせキーワードとHPアドレスを打ち込んでも「あんたのHP?そんなもん無い!」
とのGoogleの返答だった。

一体なんだったのだろう?不思議だ。

YAHOOは現在無料の掲載はしていないみたいだし
(だいぶ前に申請して掲載してもらっていたのでよかった)
やはり検索エンジンを使って訪れる方が多いので出てないと困る。

[ 2005/06/24 18:08 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

展示会

今日は某酒問屋さんの展示会に行って来ました。
去年のあの焼酎ブームは少し落ち着いたようで(下火ともいう)
日本酒メーカーもいろんな試みをしているようでした。
しかし日本酒の蔵元の営業マンから聴く声は
「いやあ、ひどいもんですよ、焼酎にやられて・・・」
という内容ばかり。
確かにブースのなかでも日本酒の蔵元よりも
小間数を取っていたようだが、
蔵元の人間は逆に少なかったように思う。
取り扱いアイテムは増えていたが、それは生産量が増えたせい?
それともブームの終焉だから?取りやすくなったのだろうか。

まあブームに乗って蔵を大きくして石数を増やした後、
売れなくなったらどうするのだろう。
いけいけどんどん!でやって、
消費者の嗜好が他へ行ったら蔵元さんも大変だ。

今日の展示会は盛況だったようで駐車場はいっぱい。
昔と違って「お祭り気分」で来る酒屋は無く、
みんな真剣に何か商材を探しに来ているのはわかった。
やはりみんな厳しいんだなぁ。
[ 2005/06/22 19:21 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

限定販売

たばこメーカーのMLさん、月に2回ほど廻ってきて自販機の掃除やポスターの張り替えをしていく。
前回来たときに「新しいポスターに替えますね」と言っていたが、
それ以降「あのタバコ下さい」という若い人が増えた。
実はそのポスターの商品は7月1日発売のもの。
しかも福島、栃木、茨城の3県のテスト販売。

先行してポスターを貼っていったのである。
これだけ注目を集めるとは・・・。
確かに若い人向けのタバコであるし、
パッケージもなかなかかっこいい。
売れそうだな、これは。
もうちょっと待ってね。
[ 2005/06/21 19:23 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

VOA

寝るときに短波放送を聞きながらというのが習慣になったが、今は主にVOA。
BBCも聴いていたがVOAの方がおもしろい。
ジャズがながれたかと思うと北朝鮮やベースボールの結果なんかが聞こえたりして結構身近に感じる。
もちろん英語が達者な訳ではないが前後の言葉からおおよその見当はつく。
知っている単語を探しながら、というのはやめた。
流れに沿って聞き流すのが良いようだ。

ラジオ、結構良いですよ。
[ 2005/06/20 19:24 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

遠足、社会科見学?

次男と長女の行っている高校の遠足がありました。
(高校でも遠足と言うのか?)
なんでも次男は那須ハイランドパークという遊園地。
長女は火力発電所。

次男の行く遊園地は果たして社会科見学と言えるのか?
そう聞いたら「職場見学というか事業所見学のようなものらしい」との答えが返ってきた。
ほんとにそうか?先生がジェットコースターに乗ったりはしないんだろうな。

長女は火力発電所見学の後、行くところがあったようだが
雨の為に中止になりさっさと帰ってきた。
「勉強になったか?」というと「さぁ~?」との答え・・・。
[ 2005/06/15 10:17 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コピー屋さん

親父から頼まれた某組合の総会資料。
数ページある物を120部コピー。
実に1000ページ近くである。もっとも裏表印刷なんで実部数は500枚。
なんとか終わったがこれから綴じる作業が待っている、これは明日だな。

途中で親父がのぞきにきたので「こりゃあ、○万円位もらわなきゃ合わないなぁ、手間賃入れて」
と言うと「もちろんそれくらいは払うよ」と(^^)。
おお~っ、いいアルバイトだ。
もっともそれくらいの余録がなきゃとてもやっていられないが。
去年の印刷代は印刷所に出したら8万円取られたとかで、もっと安くという要望だった。

デジカメが古いので新しいの狙ってみるか。
[ 2005/06/13 10:19 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

 むく

  • Author: むく
  • 好奇心だけは人一倍ありますが、
    いつも失敗ばかり。
    年齢はオヤジ、心は子供!(笑)
    私のHPです。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム